養老保険(ハーフタックスプラン)

 

 法人が支払う生命保険のうち、養老保険の関しては支払った額の2分の1が損金算入となり、残りの2分の1が資産計上となります。
 この保険に関しては全てがこのような処理をしなければならない訳ではなく、保険の契約者及び保険金等の受取人等が当該保険をかけている法人である場合に限ります。
 この保険の受取人が当該法人の役員や従業員といった場合には、その受取人の報酬や給与等になる可能性もありますので、その点については、法人税法に照らし合わせ注意する必要があります。
 この保険自体を2分の1が資産計上し、2分の1が損金算入するという背景には、当該保険は貯蓄性が高く、満期返戻金や解約返戻金が多額であることからと思料されます。
 現在の法人の決算書は、株主や出資者に解りやすく作成することを目的としていますので、このように、表に出てこない資産もできるだけ表記すべきものであると考えるものなのです。
 株主等は、自分が出資している会社の財務状況をより詳しく知りたいものなのです。
 そのため、リース資産を資産計上するようになったり、税効果会計を適用したりするものなのです。
 話は大分反れましたが、当該保険に関し、全額を損金算入している場合には、税務調査で、否認されますので、ご注意下さい。 

コメントは受け付けていません。