総合福祉団体定期保険

 

「総合福祉団体定期保険」とは、従業員が死亡または高度障がい状態になった場合に備え、遺族や従業員の生活の保障を図るために、企業として加入するタイプの保険のことをいいます。
この保険は1年更新となっており、契約者から解約の申し出がない限りは自動的に継続されます。
支払われる保険金としては、死亡保険金や高度障害保険金がありますが、加入する企業が内部規程で定める弔慰金や死亡退職金などの額が上限となります。ただし、規程で支給額の変更を行った場合には、保険金額や給付金額を規程にあわせて増額することも可能です。
なお、労働災害で従業員が亡くなった場合には、遺族は労災保険を請求できるとともに、使用者である企業に対しても損害賠償請求をすることが可能ですが、企業が受け取った保険金を弔慰金として遺族に支払った場合には、これを損害賠償債務に充てることができるとする判例もあります。
また、この保険には「ヒューマン・ヴァリュー特約」といって、従業員の死亡などによって代替の人員を確保したり、その採用・育成などに必要となった企業としての経費を保障する特約を付けることもできます。
同じ「団体定期保険」とよばれる保険契約のなかには、「Bグループ保険」として、従業員が任意で加入し保険料を拠出できるタイプのものもあります。

コメントは受け付けていません。