生産物賠償責任保険(PL保険)

 

何らかの製品や商品、サービスなどを消費者に対して提供を行った結果、消費者側に身体的な障害や財産・物品などに損害を与えてしまった場合、その提供者は消費者に対して損害賠償を行なわなければなりません。このことは法律によって定められています。
特に製品や商品、サービスなどを幅広い範囲で消費者に対して提供している事業者の場合、ひとたび消費者や財産・物品などに損害を与えてしまった場合、その損害賠償の額は非常に高額なものとなってしまいます。
そのため、万が一、生産物賠償責任を問われるような状況になってしまった場合に備えて、事業者に対して販売されているのが生産物賠償責任保険です。この保険は別名、PL保険とも呼ばれており、損害賠償金や賠償責任に関する訴訟費用などの補償を受けることができます。また、訴訟をする事態になったときには当然弁護士を雇うことになりますが、その弁護士費用についてもこの保険では補償の対象となります。
ただし、この保険に加入しているからといってすべてのケースで補償が受けられるというのではなく、補償の対象外となるケースもあります。補償の対象外となるケースとしては、事業者側に明らかな法令違反や重大および故意による過失などがあります。

コメントは受け付けていません。