保険料を受け取った場合

 

保険に加入している場合には、万が一の事態が発生した時に保険金を受け取ることができます。しかし、ただ単純に受け取ることができるのではなく、保険料受取り時には、それなりの経理処理をすることが求められます。また、受取る保険金や受取る対象によって、経理処理の内容は変化します。まずは、保険金を受取るのが法人である場合です。この場合には、保険金は雑収入という扱いになるので、全額益金算入しておきます。ただし、保険に対しての積立金を支払い続けている場合には、積立金が切り崩された形での保険金の支払いと考えることができるので、その時点までに積み立てられていた保険料を受け取った保険金から差し引いた額が雑収入として計上されます。計上された学が益金算入される点は変わりません。また、法人扱いであったとしても、保険金を受け取ったのが役員や従業員個人であった場合には、法人としての利益は全くないので、法人として経理処理する必要はありません。さらに、保険金を受け取ったのが、従業員などの遺族である場合には、その法人が積み立てていた保険料から切り崩された形での保険金支払いとして扱われるので、それまでの積立金と同額分だけを、その法人の損害として、経理処理では損金算入しておきます。

 

コメントは受け付けていません。